Terms of Service

コワーキングスペース利用規約

2021年2月1日発効

あべのトラス会員規約(以下、「本規約」とします。)は 、株式会社奥村組が運営する 「あべのトラス」(以下、「当店」とします。)の コワーキングスペースおよびスモールオフィス (以下、「当施設」とします。) の会員利用について定めるものです。 本規約をご確認いただき、同意の上、ご利用ください。

第 1 条 目的

当店は、自己のワークスペースとして利用する目的及び他の利用者とコミュニケーションを図る目的にのみ利用されるものとします。


第 2 条 入会及び会員

1.当店への入会希望者は、当店が指定する手続きに基づき、本規約を承諾の上、第3条第2項の各サービスを選択し、入会を申込むものとします。

2.本規約における会員とは、当店が前項の入会申込み承諾した者とします。当店の判断により入会申込に対し審査を行い、承諾しないことがあります。

3.会員は、会員として有する権利を第三者に貸与及び譲渡することはできません。


第 3 条 サービス

1.当店の利用者は、当施設内において次のサービスを利用することができます。

 無料サービス   ・Wi-Fiの利用 
 ・コーヒー、ウォーターサーバーサービス 
 ・書籍の閲覧 
 ・備品の利用(プロジェクター、ホワイトボード、冷蔵庫、電子レンジ、シュレッダー等) 
 有料サービス   ・会議室貸出 

2.会員は、前項のサービスに加え、次の各号のサービス及び第3項、第4項、第5項、第6項のサービスを利用することができます。

① コワーキング会員サービス・グループ会員サービス

(ア) 第5条に定める契約期間内に限り、当店の全営業時間においてコワーキングスペースを利用することができます。

② スモールオフィス会員サービス

(ア) 第5条に定める契約期間内に限り、当店が指定するスモールオフィスを利用することができます。

(イ) 次の各号に該当する物品をスモールオフィス内に収納することはできません。

i. 可燃性のもの(マッチ等)

ii. 腐敗するもの

iii. 臭気を発するもの

iv. 生き物

v. その他、保管物として適さないと当社で判断したもの

③ 第5条に定める契約期間を過ぎても、会員が自らの荷物等を撤去しない場合、会員は当該荷物等の所有権を放棄したものとし、利用終了日の翌日をもって当店が処分します。

④ 次の各号に該当する場合、当店にて保管管理している鍵により、スモールオフィスを開きスモールオフィス内の物品を確認・処分し、契約を取り消す場合があります。

(ア) 本規約に違反した場合

(イ) 利用料金を滞納した場合

(ウ) 当店が利用に適さないと判断した場合

⑤ 会員の不注意により、スモールオフィス本体、備品、及び他の利用者の保管物に損害を与えた場合、修理代金及び弁償金をお支払いいただくものとします。

⑥ スモールオフィス内の保管物が紛失・破損等をした場合でも、当店は一切補償をしないものとします。

3.登記利用サービス

① 会員が法人として行う事業について、当店から提供する住所(以下、「貸出住所」とします。)をその本店又は支店の所在場所、主たる事務所の所在場所として登記することができます。

② 登記利用サービスは、コワーキング会員・グループ会員サービスもしくはスモールオフィス会員サービスのいずれかと同時でなければ利用することができず、登記利用サービスのみの利用はできません。

③ 登記利用サービスの利用にあたっては、その事業の登記先として当店での実体のある活動を有する必要があります。

④ 登記利用サービス利用中であっても、当店での登記に不適当と判断した場合には、事前告知なく解除できるものとします。

⑤ 登記利用サービスの利用を終了(その終了原因を問いません。)する場合、会員は、利用終了日までに住所移転登記を完了し、移転登記済謄本を当店に提出していただくものとし、移転登記手続を放置し継続して利用した場合は、不正利用の期間中(住所移転登記完了日迄)の利用料金をお支払いいただくこととなります。

⑥ 申込み時に記載いただいた内容、及び登記事項に変更があった場合、速やかにご報告いただくものとします。

4.住所利用サービス

① 会員が個人事業主として行う事業について、その主たる事務所の所在場所として、貸出住所をWEBサイト、名刺、パンフレット等の各種文書(以下、「住所利用媒体」とします。)に記載し、自己の行う事業の住所として使用することができます。

② 住所利用サービスは、コワーキング会員・グループ会員サービスもしくはスモールオフィス会員サービスのいずれかと同時でなければ利用することができず、住所利用サービスのみの利用はできません。

③ 住所利用サービスの利用にあたっては、当店での実体のある活動を有する必要があります。

④ 住所利用サービスを利用する場合は、必ず、住所利用媒体のコピーを提出していただくものとします。

⑤ 住所利用サービス利用中であっても、当店での住所利用に不適当と判断した場合には、事前告知なく解除できるものとします。

⑥ 住所利用サービスの利用を終了(その終了原因を問いません。)する場合、会員は速やかに住所利用媒体から、貸出住所の記載を削除しなければなりません。

⑦ 申込み時に記載いただいた内容に変更があった場合、速やかにご報告いただくものとします。

5.郵便受け利用サービス

① 会員宛の郵便物の送付先住所として当店の住所を利用することができます。

② 郵便受け利用サービスの利用にあたっては、当店での実体のある活動を有する必要があります。

③ 会員宛に送付された郵便物は会員自身で受け取る必要があります。

④ 以下に該当する郵便物については利用できません。但し、当店が認める場合はその限りではありません。

(ア) 現金書留、電信為替、金銭、有価証券、キャッシュカード、預金通帳、その他金銭に関係するもの

(イ) 運転免許証、健康保険証、その他身分証明書

(ウ) 生もの、冷蔵冷凍品等

(エ) 内容証明郵便、その他法的書類

(オ) 裁判所からの特別送達、及びこれに準ずる郵便物

(カ) 郵便事業者、宅配事業者等以外の者により持参された郵便物

(キ) 法律に抵触し、又はその恐れのある郵便物

(ク) その他当店が保管が困難であると判断した郵便物

⑤ 当店の住所に送付された郵便物に損害が生じた場合、当店は一切の責任を負いません。また、郵便物の紛失及び盗難等についても一切の責任を負いません。

⑥ 会員の当店利用終了日(その終了原因を問いません。)以降は、当店は郵便物の転送等の対応は一切行わず、宛先不明の郵便物として処理されることを会員は事前に同意します。

⑦ 会員は、当店が実施する郵便受け利用サービスに係る業務において、当店の住所に送付された会員宛の郵便物及び財産等が、犯罪による収益である疑い又はそれらの事実の仮装・秘匿行為を行っている疑いがある場合、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」及び経済産業省の「郵便物受取サービス業者における疑わしい取引の参考事例(ガイドライン)」に基づき、会員への事前連絡なしに、行政庁等に速やかに届出を行うことを同意します。

⑧ 前号に係る郵便物等及び宛先が分からない郵便物を当店が収受した場合、当店又は関係行政庁等の判断により会員に無断で郵便物等の開封を行うことを会員は事前に同意し、当店又は関係行政庁等による開封が行われた場合に一切異議を申し立てないこととします。

⑨ 郵便受け利用サービスは、コワーキング会員・グループ会員サービスもしくはスモールオフィス会員サービスのいずれかと同時でなければ利用することができず、郵便受け利用サービスのみの利用はできません。

⑩ 当店は、郵便受けの故障により緊急に点検・整備を要するとき、その他当店が必要と認めるときには、収納物品を別途保管する等の処置をすることができます。この場合において、利用者は、一定期間、郵便受けを利用することができなくなることについて、あらかじめ了承するものとします。

⑪ 利用者は、郵便受けに次に掲げる事項が生じた場合には、当店にその損害の賠償をしなければなりません。

(ア) 郵便受けの利用により、著しい汚れ、破損、サビ等が見受けられ修繕が必要とみなされた場合

(イ) 郵便受けの鍵を破損した場合

⑫ 申込み時に記載いただいた内容に変更があった場合は、速やかにご報告いただくものとします。

6.ロッカー利用サービス

① 当店が指定するロッカーを利用することができます。

② ロッカー利用サービスの利用にあたっては、当店での実体のある活動を有する必要があります。

③ 利用者は、ロッカーの利用に関して次に掲げる行為をしてはなりません。

(ア) 次に掲げる物をロッカーに収納すること

i. 現金、貴重品(貴金属、高級時計等)またはこれらに類する高価品

ii. 揮発性物質、爆発物等の危険物

iii. 臭気の発する物、腐敗・変質しやすい物、不潔な物(濡れたままのタオル、衣類等)、生き物またはロッカーを汚損・き損するおそれのある物

iv. 法律により所持又は携帯を禁じられている物

v. その他ロッカーによる保管に適さないと認められた物

(イ) ロッカーの収納能力を超える荷物を収納すること

(ウ) 第三者のロッカーをその承諾を得ずに開扉すること

(エ) ロッカーを汚損し、またはき損すること

(オ) ロッカーを第三者に使用させること

(カ) 第三者のロッカー使用の迷惑となる行為をすること

④ 当店は、ロッカーの収納物品が第6号の③の(ア)に掲げる物に該当する疑いのあると認めたときには、当該ロッカーを開扉することができ、かつ、当店の判断により当該収納物品を保管、廃棄その他設備管理上必要な処置をすることができます。

⑤ 当店は、利用者が次に掲げる事項の一つでも該当した場合には、通知・催告その他の手続きを要せずに、利用契約を解除することができます。

(ア) 本規約に違反した場合

(イ) 当店の会員資格を喪失した場合

(ウ) ロッカーを当店の利用以外の目的で利用した場合

(エ) 本規約に基づく手続きの際、虚偽の事項を届け出た場合

(オ) その他ロッカーの利用に関する当店の指示に従わない場合

⑥ 利用者は、理由のいかんを問わず利用サービスが終了するときには、その終了日までに収納物品を引き取り、ロッカーを当社に明け渡すものとします。

⑦ 利用者が利用終了日を過ぎても収納物品を引き取らないときには、当社は、当該収納物品を所定の保管場所に移すことができ、また、利用終了日から60日間これを保管するものとします。

⑧ 利用者が前項に基づき保管した収納物品を利用終了日から60日間経過してもなお引き取らない場合には、当店は、利用者が当該収納物品の権利を放棄したものとみなし、これを処分することができます。

⑨ 当店は、第6号の⑦に基づき保管する収納物品が第6号の③の(ア)に定めるものであるときには、第6号の④に基づく処置をすることができます。この場合、利用者は、当店に対して何らの補償を求めないものとします。

⑩ 当店は、ロッカーの故障により緊急に点検・整備を要するとき、その他当店が必要と認めるときには、収納物品を別途保管する等の処置をすることができます。この場合において、利用者は、一定期間、ロッカーを利用することができなくなることについて、あらかじめ了承するものとします。

⑪ 利用者は、ロッカーに次に掲げる事項が生じた場合には、当店にその損害の賠償をしなければなりません。

(ア) ロッカーの利用により、著しい汚れ、破損、サビ等が見受けられ修繕が必要とみなされた場合

(イ) ロッカーの鍵を破損した場合

⑫ 当店は、次に掲げる事由に基づきロッカーの収納物品が滅失またはき損された場合には、当該損害を賠償する責を負いません。

(ア) 第6号の⑥、⑪または⑫に基づき収納物品を保管等した場合

(イ) 当店の過失に基づかない事由により第三者がロッカーを開扉された場合

(ウ) 天災事変等の不可抗力による場合

(エ) 司法権等の発動により関係官公署から収納物品の押収または証拠品として提出を求められた場合

(オ) その他当店の責めに帰さない場合

⑬ ロッカー利用サービスは、コワーキング会員・グループ会員サービスもしくはスモールオフィス会員サービスのいずれかと同時でなければ利用することができず、ロッカー利用サービスのみの利用はできません。

7.前2項、3項、4項、5項、6項のサービス内容は変更することがあります。この場合、当店は事前に告知するものとします。

8.当店が管理運営上必要と認めた場合は、当施設の全部又は一部の利用を制限することがあります。


第 4 条 利用料金

1 会員は前条のサービスの対価として、入会時に当店が別途定める利用料金を、当店の指定する方法にて支払うものとします。

2 第5条第2項により契約期間が更新される場合は、更新後の契約期間初日の前月末日までに、前項に定める利用料金を支払うものとします。

3 第3条第2項コワーキング会員・グループ会員サービスの利用料金の計算方法は、月の初日から末日までを1ヶ月として計算し、当該月の契約期間が1ヶ月に満たないとき(第7条による利用規定違反での解除、又は第8条による会員からの解約の場合を除きます。)は、当該月の日数に応じた日割計算によるものとします。

4 第3条第2項のサービスについて、前第3項を除くものについては1ヶ月毎の契約とします。

5 消費税法の改正等により消費税率が変更される場合、適用日以降に該当する期間の利用料金に係る消費税については、法改正の内容に従い、会員は差額を負担するものとします。


第 5 条 契約期間

1 本規約に基づく契約期間は、入会日から翌月末日までとします。

2 契約期間中に第7条による利用規定違反での解除、又は第8条による会員からの解約の意思表示がない限り、契約期間は1ヶ月ごとに更新され、その後も同様とします。ただし、入会した月のみ、同時に翌月の更新も行うこととします。


第 6 条  ご利用上の注意事項

1 会員は、当店の利用に際し、次の各号の事項を順守してご利用ください。

① 汚物や火気・危険物を持ち込む行為の禁止

② 飲酒・喫煙の禁止(ただし、飲酒に関してはセミナーイベントや懇親会等を実施する際に、事前のご相談があり、当店が許可を出した場合は可能とします)

③ 周囲に対する迷惑・有害・暴力等を行う行為の禁止

④ 匂いのきつい飲食物の持ち込みの禁止

⑤ 設備の破損・破壊・盗難等を行う行為の禁止

⑥ 風俗、アダルトに関する情報、未成年者や青少年に有害な情報、反社会的、暴力的・猟奇的な情報の発信をする行為、又は公序良俗に反すると判断される情報を発信する行為の禁止

⑦ 当店、又は第三者の運営するコンピューター等に支障を与える行為、またはその恐れのある行為の禁止

⑧ 発生したゴミは分別してスペース内のごみ箱に捨ててください。

⑨ SNSへの投稿のため、施設内で写真及び動画を撮影する場合があることをご了承ください。

⑩ 地震・火災などの災害時は、当店の避難誘導等の指示に従ってください。

⑪ 暴力団等の反社会的勢力による不当な行為、犯罪によって得た収益の出所等隠蔽する目的で行うマネーロンダリング等、その他違法行為を補助、教唆、助長する行為の  禁止

⑫ 当店の運営を妨害する、またはその恐れがある行為の禁止

⑬ その他、当店により不適切と判断される利用者の行為があった場合、退店していただく可能性があることをご了承ください。

2 会員は、前各号のいずれかに該当する違反により当店が被った損害にかかる損害賠償は妨げないものとします。


第 7 条 契約の解除

1 会員が次に該当する事情が生じた場合、当店は会員に事前通知することなく直ちに本規約に基づく契約を解除することができるものとします。又、解除した場合は利用料他一切返却致しません。

① 本規約に定める事項に違反した場合

② 提出された本人確認書類が真正なものでなかったと発覚した場合

③ 利用料金の支払いを2週間以上遅延した場合

④ 会社更生手続・破産申立・特別清算等その他これに準じる信用不安があった場合

⑤ 公序良俗に反する行為があった場合

⑥ 会員について刑事手続きが開始されたとき

⑦ その他、当店の会員として不適切と判断したとき

2 契約解除によるサービスの停止で会員、又はその他第三者が損害を被った場合でも当店は一切の責任を負わないものとします。


第 8 条 解約

1 会員は、コワーキング会員サービス及びグループ会員サービスを解約する場合、解約希望月の1日(土日祝、そのほか店休日の場合は前営業日とします。)までに、当店所定の方法により申し出ることとします。

2 会員は、スモールオフィス会員サービスを解約する場合、解約希望月の1日(土日祝、そのほか店休日の場合は前営業日とします。)までに、当店所定の方法により申し出ることとします。

3 会員は、登記利用サービス、住所利用サービス、及び郵便受け利用サービスを解約する場合、解約希望月の1日(土日祝、そのほか店休日の場合は前営業日とします。)までに当店所定の方法により申し出るとともに、利用終了日の2週間前までに当店に利用者宛の郵便物が届かないよう必要な手続きを完了するものとします。

4 会員が契約期間中に解約した場合、いかなる理由においても利用料金の返金はないことをご了承いただくものとします。


第 9 条 契約終了後の会員義務

1 第7条ならびに第8条により契約が終了した場合、各サービスの提供は停止となり、当店をご利用いただくことはできません。

2 契約終了後に各サービスの不正利用を行った場合は、不正利用の期間中、利用者責務不履行で利用料金をお支払いいただくこととなります。


第 10 条 賃借権等の不存在

当店の各サービスは、施設利用の権利であり、会員は本規約に基づく契約の成立及び各サービスの利用をもって、建物に対する賃借権その他利用権を有するものではないことを確認するものとします。


第 11 条 損害賠償

会員が、故意又は過失によって当店の施設・設備を破壊し棄損し、汚損等した場合は、直ちにその事実を当店に報告するとともにその損害の賠償をしていただくものとします。


第 12 条 貴重品・機密情報

当店利用時の貴重品や機密情報の管理等は会員の責任において行うものとし、当店は一切の保障を行いません。


第 13 条 免責

当店は、以下の各号についてはその損害の賠償を免れます。

1. 地震・風水害等の天変地異や暴徒等を原因とする災害・停電・事件・事故等の損害、その他それらを原因とするガス・水道・電気・IT 設備、その他諸設備の故障、破壊により生じた損害

2. 当店の維持保全のために行う保守点検、修理等を原因とする損害

3. 当店における私物の紛失

4. 会員間における個々の紛争

5. その他当店の責めに帰すべきでない事由


第 14 条 管轄裁判所

当店のご利用に関して、当店と会員との間に係争が発生し訴訟により解決する必要が生じた場合、大阪地方裁判所を第一審の専属合意管轄裁判所と致します。


第 15 条 規約の変更

本規約は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。


以上

Terms of Service

ミーティングルーム、セミナールーム利用規約

2018年4月1日発効

あべのトラス会議室利用規約(以下、「本規約」とします。)は、 株式会社奥村組が運営する「あべのトラス」 (以下、「当店」とします。) のミーティングルーム、セミナールーム (以下、「会議室」とします。)の利用について定めるものです。 本規約をご確認いただき、同意の上、ご利用ください。

第 1 条 利用申込みに当たっての留意点

1. 他の利用者、近隣住民の方の迷惑となる大音響を出す行為、異臭を出す行為はご遠慮願います。

2. 会議室の定員を確認の上、申込み願います。定員超過での利用はできません。

3. 備品は事前に申込み願います。数に限りがありますので、用意できない場合があります。

4. 当会議室の利用目的によっては、利用をお断りする場合がありますのでご了承ください。

5. 地震・火災等の非常事態発生時には、利用者の代表者が誘導し、各会議室北側非常口または南側屋内階段より避難してください。

6. 利用にあたり、万一、建物・設備・備品等を汚損・破損もしくは紛失した場合、利用者様に実費をご負担いただきます。また、上記に起因して会場が使用不可能となった場合は、原状回復費用をご負担いただきます。


第 2 条  利用料金と営業日及び営業時間

あべのトラスホームページ(https://www.abeno-truss.jp/)をご参照ください。


第 3 条 利用料金のお支払い(前金制)

当店の定める方法により予約手続きを行った後、あべのトラスホームページ上の料金表に定めたものに準じた請求金額を、当店の定める方法または下記銀行口座へお振込みください。なお、振込手数料は利用者様がご負担いただきますよう、お願い申し上げます。


【振込先口座】
銀行名 : りそな銀行
支店名 : 大阪営業部
口座種類 : 普通預金
口座番号 : 1847311
口座名義 : カ)オクムラグミ

第 4 条 キャンセル料

申込み後、申込者の都合でキャンセルする場合は、下記のキャンセル料を申し受けます。 一度ご入金頂いた料金は、手数料等を差し引いた金額をご返金いたします。


1日前(前日)〜当日のキャンセル:利用料の100%
2日前のキャンセル :利用料の50%


第 5 条 利用日の遵守事項

1. ご予約時の利用時間を厳守願います。なお、利用時間は準備や後片付けを含んだ時間になります。

2. 清掃・準備・他のお客様が使用中の場合もございますので、貸出時間前の会議室へのご入室はご遠慮願います。

3. 会議室内及び共用部分等での盗難・紛失等の責任は一切負いかねます。貴重品・私物等の管理は、利用者の責任でお願いいたします。

4. アルコール類の持ち込みにつきましては、原則禁止します。ただし、事前にご相談いただき、当店の許可を得た場合は可能とします。

5. 室内の壁面にセロテープ等の貼り紙や画鋲、フックの使用はご遠慮願います。(備え付けのホワイトボードをご利用ください)

6. 会議室内・廊下・エレベーターホール・トイレ・階段等の共用部分は全て禁煙といたします。

7. 発生したごみは全てお持ち帰りください。

8. ご利用後、机・椅子などの原状復帰をお願いいたします。


第 6 条  禁止行為

以下の行為は禁止いたします。

1.会議室等に反社会的勢力又はその関係者を出入りさせること。

2.会議室等を予約者以外の第三者に使用させること。

3.法令に違反する行為・風俗を乱す行為・他の利用者その他の近隣に迷惑を及ぼす行為建物及び付属設備を損傷及び滅失する恐れがある行為を行うこと。

4.共用部分に荷物などを置くこと。

5.危険物、動物、騒音や振動を生じる物、及び常識を超えた備品を持ち込むこと。

6.収容人数を超えて入室させること。

7.火気を使用すること。


第 7 条 利用の制限

下記の項目に該当する場合は、申込み取り消しまたは、ご使用をご遠慮いただく場合がございます。

その際に生じた損害責任は、ご利用者にご負担いただきますので、あらかじめご了承ください。

1.上記の「禁止行為」に該当する場合。

2.申込内容の記載に偽りがあった場合または記載内容と異なる利用を行った場合。

3.関係諸官庁から中止命令が出された場合。

4.設運営上、支障があると認められた場合。

5.大規模地震対策措置法により、警戒宣言が発令された場合。

6.政府による緊急事態宣言が発令された場合や、そのほか大規模 な災害又は騒乱その他の緊急事態に際している場合。


以上